SO-SO(ビートボックス)出身大学や本名は?子役時代や経歴まとめ

本ページはプロモーションが含まれています。

アーティスト
スポンサーリンク

日本を代表するヒューマンビートボクサーとして知られるSO-SOさん!

Youtubeチャンネルの登録者は30万人を超え、日本のみならず海外からの人気も高いビートボクサーです。

そんな、SO-SOさんの出身大学や本名、あまり知られていない子役時代についてご紹介します。

スポンサーリンク

SO-SOの出身大学

ヒューマンビートボクサーとして知られるSO-SOさんの出身大学は、「大阪音楽大学」です。

2018年に大阪音楽大学へ入学し、音楽学科・ミュージッククリエーション専攻されています。

大阪音楽大学は、大阪府豊中市にある私立大学です。

偏差値は、約35〜37.5です。

音楽学部には、作曲学科、声楽学科、器楽学科など様々な音楽分野があり、SO-SOさんは作曲、音楽理論、ミキシングなどを学び、日々楽曲制作を続けていらっしゃるようです。

スポンサーリンク

SO-SOの本名は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

SO-SO(@so_so_looper)がシェアした投稿

SO-SOさんの本名は「加藤創太」です。

SO-SOの名前の由来は、本名の「創太」からイメージして付けられたそうです。

SO-SOの文字も自身のトレードマークとなっているメガネに似ていることや、海外でも覚えてもらいやすい名前として名付けられました。

【プロフィール】

名前:SO-SO

読み方:ソーソー

本名:加藤創太(かとう そうた)

生年月日:1999年10月13日

年齢:23歳 ※2023年7月時点

出身地:大阪府

現在、年齢23歳。(2023年7月現在)

出身地は大阪府です。

スポンサーリンク

SO-SOのビートボックス経歴

SO-SOさんは、高校1年生の時にイギリスのビートボクサー「Reeps One」の動画をYouTubeで観てビートボックスを始めました。

SO-SOさんは、ループステーションやボーカルエフェクターを使って自身の口から発せられる音を多重録音し、リアルタイムで音楽を演奏することができます。

その技術はビートボックスの大会で優れた成績を収めており、すでに世界的にも評価を得ています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SO-SO(@so_so_looper)がシェアした投稿

2019年にポーランドで開催されたビートボックスの国際大会「Grand Beatbox Battle 2019」(GBB)のループステーション部門で日本人初のTOP4入りを成し遂げ、同年台湾で行われたアジア大会「Asia Beatbox Championship」のループステーション部門では優勝!

日本人初のアジアチャンピオンに輝きました。

SO-SOさんは、Human Beatbox Crew「SARUKANI」や、虹色侍ずまとの眼鏡専門音楽デュオDOILiiなど、チームとしても活動しています。

スポンサーリンク

SO-SOの両親(父・母)・兄弟は?

SO-SOさんの家族構成についても調査しました!

残念ながら、ご両親である父親・母親や兄弟については、公開されている情報は少ないようです。

父親・母親の名前や顔画像、何の職業に就いているのか?分かっていません。

ただ、ループステーションを始めるキッカケは母親のプレゼントだったそうです!

SO-SOさんが高校2年生の時、誕生日に母親からルーパーであるBOSS RC-505をプレゼントされたそうです。

ご両親は、SO-SOさんの音楽的才能を認め、応援してくれていることが覗えますね!

SO-SOの子役時代

SO-SOさんは、小学生時代から劇団に入り、子役として10年ほど活動していました。

ミュージカルや映画、ドラマのエキストラを主にしていたそうです。

子役時代は、昭和の学生役や戦時中の子供の役などをしていたと、YouTubeチャンネル『ニートtokyo』で語っています。

残念ながら、SO-SOさんの子役時代の映像は見つけることができませんでした。

現在も少年のような笑顔が人気のSO-SOさん!

今後も世界を股にかけた活躍に注目が集まります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「SO-SO(ビートボックス)出身大学や本名は?子役時代や経歴まとめ」と題しまして、ご紹介しました。

日本のみならず海外からの人気も高いビートボクサーのSO-SOさん!

本名は加藤創太(かとう そうた)さん。

出身地は大阪府です。

小学校時代から子役として活躍され、高校の時にイギリスのビートボクサー「Reeps One」の動画をYouTubeで観てビートボックスを始めました。

世界中にファンを持ち活躍するSO-SOさんの今後の活躍にも注目です!

スポンサーリンク
アーティスト
スポンサーリンク
mamuをフォローする
Genkatsu – Trend

コメント

error: Content is protected !!